“Struggle for Existence”

 衣服を身に纏っていない時こそが、人間の真の姿だといえる
しかし生身は弱く、衣服というモジュールを纏うことで
生存競争に生き残ろうとしている
そうしていつしか日常となった衣服を纏う習慣
それによって人間は強くなったのか、弱くなってしまったのか。
 
 
〝Struggle for Existence〟 
(生存競争)
 
 
進化の過程で起こり得る一種の共存と共生
モジュール(=衣服)を着ることで種の生存競争に生き残る過程をテーマに掲げました。
モジュールとされるアイテムは天然素材のものを主としており、
春夏の体温調整に適した衣服製作を展開しました。
また、その衣服自体も永年に渡り遺されるものであるよう、
現在だけでなく経年をも愉しむ事が出来る造りです。

 

Direction / Photo: Takeo Yamada
Make: Namiko Takemiya
Produced / Hair: Kazuki Fujiwara
Model: annie Z

 

コメントを残す